★内臓トリートメントの必要性★

健康、美容の為のお腹への施術。

 

当院では内臓機能改善も目的としても重要視しています。

 

表面的ではなく一つ一つの内臓をとらえて、薬草オイルを擦り込みながらのトリートメントで効果を高めます。

 

便秘、むくみ、冷え、生理痛、生理不順、痩せづらい、風邪をひきやすいなど、原因が分からない不調にお悩みの方にお勧めです。

 

どの施術にも組み込めますのでご相談ください。


★使用オイル★

使用オイルは症状や季節によって使い分けています。

 

ベースとなるセサミオイル。

 

内臓改善に有効なひまし油。

 

アロマオイルや各種薬草など。

 

改善状況によっても検討してもっとも適したものを選びます。


★体質改善、代謝アップ、ウエスト、下腹痩身に★

代表的な内臓トリートメントの目的です。参考にしてください。

肝臓

もっとも働き者の臓器です。

 

よくお酒の影響を受けると知られていますが、それはほんの一例。

 

実際は体に入ってきたものすべて、糖分、塩分、脂、ビタミン、薬品、等の影響を受けます。

 

これらの処理を一手に担っている臓器なので常に負担がかかり疲れています。

 

よって健康の為にこの臓器が重要なのは分かると思いますが、実はダイエットにも重要

 

肝臓は体温も作り出しているので、肝臓の状態が基礎代謝にかかわってきます。

特に寝ている時は肝臓がもっとも体温維持の役目をしているため、就寝中に冷えを感じる人は肝臓の疲れが疑わしいです。

 

また代謝を上げるために筋トレをしているかたも多く見受けられますが、思ったようなダイエット効果は挙げられていないようです。これも肝臓の影響が考えられます。

肝臓の状態が良好でタンパク質を効率よく分解できていなければ筋トレの効果も発揮されません。

 

内臓トリートメントでは右肋骨下から肝臓の状態をさぐり、改善を目指します。

 

 胃

 胃は食べたものを一時受け止め、消化をしています。

 

そして胃は袋状になっているのですが、その組織は筋肉です(平滑筋)。

 

筋肉であるからには収縮し形状を変えるのですが、この筋肉が疲れて弾力を失っていれば垂れ下がった袋になってしまいます。これではお腹のラインも崩れます。

 

胃を作っている筋肉を健全な状態にすることでキュッとしまった胃袋になり、垂れ下がったり出っ張ったりすることなくお腹に収まります。

 

同時に消化効率も良くなり、小腸での吸収もスムーズに進みます。

 

小腸

小腸は主に栄養分の吸収を行っています。

 

約7メートルととても長い臓器なのですが、これがちょうど下腹の部分に収まっています。

 

食後、この部分に食べたものが流れてくるのですが、小腸の働きが悪いとここに滞り、下腹が出っ張る原因になってしまいます。

 

この小腸も胃と同じ平滑筋。

 

筋肉の働きを良くして流れを円滑にし、下腹のラインを改善します。

 

また小腸の働きが良くなることにより、肝臓へ十分な栄養素も送られます。

 

大腸

大腸は主に水分の吸収を行っています。

 

最後の排泄につながる臓器の為、ここの働きが悪いと便秘になりがちです。

 

大腸もやはり平滑筋。まずは筋肉のコンディションを良くしたいです。

 

便秘の解消は美容面にも多きなプラスになります。

 

腎臓

腎臓は主に血液中の毒素の濾過を行います。

 

この機能が低下すると体内に毒素が滞り、健康、美容両面で悪影響が表れます。

 

また体内の塩分調整も担っているのでむくみの原因にもなります。

 

この腎臓由来のむくみは水分が下がっておこる脚のむくみとはちがい、顔など全身のむくみに表れるのが特徴です。

 

この臓器は背面に位置する為、背中、腰の施術時にケアを行います。

 

子宮

女性だけが持つ臓器ですがデリケートな部分な為様々なトラブルが表れます。

 

その中で内臓トリートメントでは、生理痛や生理不順の改善報告をいただいています。

 

またヨガと合わせての懐妊報告もいただいています。

 

子宮のほぐし効果も体調改善に働きます。

 

体に負担の無い施術ですのでまずはご相談ください。