★背骨の歪み・反り腰・脊柱側弯症★


歪みの原因、背骨の歪み

脊柱側弯症は病院に行けば背骨の歪みと診断されます。

 

そして歪みが低度であればそのまま経過観察。

 

歪みがひどければ手術や装具による矯正を勧められます。

 

しかし当院では一人一人の症状に合わせて整体、アーユルヴェーダ、ヨガによる施術を行います。

 

側弯症は早い段階での対応が必要です。

 

まずはご相談ください。

 


背骨の歪み、いろいろなパターン

S字カーブ

S字カーブはよく知られた側弯症のパターンです。

 

背骨に沿って交互に痛みが出るのが特徴です。

 

「首は右、背中は左、腰は右が痛む」といったお悩みはこのS字が原因かもしれません。

 

骨盤の歪みも含めて背骨を整えながら痛みを改善します。


C字カーブ

C字カーブも側弯症として多いパターンです。

 

背骨に沿って片側に痛みが出るケースが多いです。

 

歪みとしては小さいので軽度に見られがちですが、強い痛みを伴うケースが多く、原因不明の頭痛につながることもあります。

 

やはり骨盤から歪みを取り、背骨を整えます。

早めの対処であれば短期間での改善も可能です。

前後の歪み

見落とされがちな背骨の前後の歪み。

左右の歪みはわかりやすいですがこちらは熟練の技術者でなければ見抜けません。

体の不調があり整体などに通っていても改善しないのはこのケースが多いです。

左右の歪みよりも悪さをする前後の歪みにも対応します。

海外でも注目。急増する反り腰

前後の歪みの中でも女性の間で特に増えているのが反り腰。間違った姿勢作りが原因です。

欧米圏でも反り腰は現在問題になっていて正しい対処が必要となっています。

当院では反り腰の原因の説明から正しい対処を施します。

肋骨の歪み

肋骨の歪みも側弯症と考えられます。 

背骨のねじれが原因になりますが、歪みは小さいので見過ごされるケースが多いです。

バストの左右の大きさの違いの原因にもなるので美容の為にも早めの改善が必要です。


側弯症改善例

他の治療院で改善せずに当院を訪れました。

 

約6か月での成果です。

 

アーユルヴェーダによる施術を中心に行い、痛みも改善しました。

 

 

スタイルの悩みでの来院でしたが背骨の歪みが原因でした。

背骨から姿勢改善、スタイルの改善とつなぎ、悩みを解決しました。

 

 

痛みの改善が主な目的で側弯症の症状には気づいていませんでした。

 

整体とアーユルヴェーダによる施術で痛みを取るだけでなく歪みも整えて解決しました。

 

 

側弯症により肩の位置身歪みが生じていました。

 

ひどい肩こりも伴っていたのですが、背骨が整い痛みも改善してくれました。


自己治癒力

脊柱側弯症の改善にはご自身でのケアも有効です。

 

当院独自の整体ヨガを個人指導し改善につなげます。

 

自己治癒力を引出し、病院では挙げられない成果を引き出します。